日本フランスパン友の会

日本フランスパン友の会

日本フランスパン友の会とは

レイモン・カルヴェル氏の基本理念のもと、1970年(昭和45年)に創設されました。本会は、日本における正統派フランスパンの製造技術及びそれにともなう食スタイルの向上を図り、パン食文化の普及とともに業界の健全な発展に寄与することを目的とし、活動を行っています。

また本会を通じて、フランスで開催されるクープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリー(ベーカリー・ワールドカップ)へ1994年の第2回大会から日本代表選手を派遣しており、以来、各日本代表選手は好成績を収めています。

本会は今後も時代のニーズに合わせ、フランスのパン食文化の浸透を目的に、さらに幅広い活動を展開してまいります。

 

主な活動内容

◆フランスパン及びパン食文化に関する講演会、講習会、展示会などの開催

◆フランスパンの製造技術の研究及び指導

◆クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリー(ベーカリー・ワールドカップ)への日本代表選手派遣とサポート

◆フランスパンの普及の為の会員によるPR活動

 

フランスパン フォトジェニックコンテスト

11月28日はフランスパンの日

クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリー

日本フランスパン友の会 最新トピック