• クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・ブーランジュリー(ベーカリー・ワールドカップ) トップページ
  • クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・ブーランジュリー(ベーカリー・ワールドカップ)とは
  • 2022経過報告
  • 2020 経過報告
  • 過去の大会賞歴
  • マスターズ・ドゥ・ラ・ブーランジュリー
  • クープ・デュ・モンド on facebook
  • 日本フランスパン友の会
  • 日本フランスパン友の会 最新トピック

クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・ブーランジュリー(ベーカリー・ワールドカップ)とは

1992年にフランスのMOF(※1)クリスチャン・ヴァブレ氏によって設立されたベーカリーのワールドカップです。世界中のパン職人が競うこの国際コンクールは、製パン・製菓の国際見本市EUROPAIN(フランス・パリ)で2年に1度開催されます。(1996年大会までは2年ごと、2002年大会までは3年ごと、2020年大会までは4年ごとの開催)


国内選考(※2)および国際選考(※3)で、プログラムと明確に定義された規定により選出された12カ国のチームが出場し競い合います。コンクールの審査委員会は多国籍の審査員によって構成され、審査員は競技に参加する国とは異なる国籍の者が選出されます。 このコンクールの目的は、傑出したパンの美しさと美味しさ、そしてパン職人たちの伝承技術やノウハウをアピールしていくことです。今日、クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・ブーランジュリーは、製パン業界で高く評価され、世界の製パンの最新トレンドの発信の場となり、世界の一流パン職人を世に紹介するコンクールとなっています。


※1 MOF:
Meilleurs Ouvriers de France:フランス国家最優秀職人の称号。様々な手工業者を対象にフランスが認めている国家資格。

※2 国内選考:
各国の優秀な職人を見出し、代表チームを組織するために行われる。チームは「バゲット&世界のパン」「ヴィエノワズリー&グルメパン」「ピエス・アーティスティック」部門のパン職人3名で構成される。※グルメパンは選手3名の共同作業。

※3 国際選考:
地域ごとに各国チームが競い合う:アメリカ大陸・ヨーロッパ大陸・アジアパシフィック・アフリカ地中海の国々