2016 経過報告

経過報告:2020年大会に向けての新たな日本代表選手が決定しました!

2017年2月22日〜25日に開催されました2017モバックショウ 第25回国際製パン製菓関連産業展におきまして、Coupe du Monde de la Boulangerie 2020に向けた日本代表選手の最終選考会を実施いたしました。
選出された3名の新たな日本代表選手により構成される日本チームは2019年のクープルイルサッフルアジア予選大会に挑みます。日本代表への熱いご声援を賜りますようよろしくお願いいたします。

日本代表選手の紹介

日本代表選手(敬称略)

【パン部門】
二宮 茂彰(株式会社帝国ホテル)

【ヴィエノワズリー部門】 
津田 宜季(株式会社神戸屋)

【飾りパン部門】 
勝海 遥平(株式会社東京ポンパドウル)

右から
二宮 茂彰 新代表
津田 宜季 新代表
勝海 遥平 新代表

審査員紹介

今回の選考にあたり、審査員は下記6名が担当いたしました。

■審査委員長
続木 創(日本フランスパン友の会理事、株式会社進々堂 代表取締役社長)

■審査員
田島 浩太
(レイモン・カルヴェル・アミカルの会 会長、 株式会社クーロンヌジャポン 代表取締役社長)
山 隆二
(2002年クープ・デュ・モンド日本代表選手、 日本アンバサドール協会 理事、株式会社カネカ)
山本 剛史
(日本パン技術研究所 教育部 部長)
井上 克哉
(ブーランジュリー オーヴェルニュ オーナー、 2009年ibaカップ日本代表選手)
長田 有起
(2012年クープ・デュ・モンド日本代表選手、 2014年マスターズ日本代表選手、株式会社神戸屋レストラン)

 

最終選考出場選手

後列左から
澤田 淳一、藤森 洋輔、石毛 嘉一、渡辺 和宏、石川 昌芳、角田 進一、出 慎雄、合田 知弘、本間 智哉、
相良 一公、井上 淳子、梅谷 誠吾、森脇 花奈 前列左から勝海 遥平、津田 宜季、二宮 茂彰

最終選考出場選手作品

ページの先頭へ