2016 経過報告

2019 クープ・ルイ・ルサッフル アジア 〜 インターナショナルセレクション 〜

クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・ブーランジュリーのアジア選抜大会(ルイ・ルサッフル・カップ)が2019年11月6日〜10日中国(上海)のCIIE(中国国際輸入博覧会)にて行われました。1日目の出場は韓国・中国、2日目は台湾・シンガポール、3日目は日本。 審査員はドイツ、アメリカ、アイルランドの3名でした。本大会への出場枠3つを台湾・日本・中国が獲得。ワイルドカード枠は韓国。

日本チーム(敬称略)

【バゲット&世界のパン部門】
二宮 茂彰(株式会社 帝国ホテル)

【ヴィエノワズリー部門】 
津田 宜季(株式会社 神戸屋)

【ピエス・アーティスティック部門】 
勝海 遥平(株式会社 東京ポンパドウル)

【コーチ】 
長田 有起(株式会社 神戸屋レストラン)

※写真をクリックすると拡大表示します

 

 

2020 クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・ブーランジュリー

今大会は2020年1月11日〜14日まで、フランス・パリ「ポルト・ド・ヴェルサイユ見本市会場」で開催された製パン関連業界の展示会EUROPAIN(ユーロパン)の会場内で行われました。今回のピエスのテーマは「自国の心の中にある音楽」でした。

出場国:(順不同)
日本、台湾、中国、韓国、フランス、デンマーク、オランダ、アメリカ、コスタリカ、エジプト、コートジボワール、モロッコ
総合順位

1位 中国

2位 日本

3位 デンマーク

審査員(国)
セネガル、オーストラリア、ブラジル、チリ、フィンランド、ギリシャ、ベトナム

 

ページの先頭へ